検査部(レントゲン・検査)

レントゲン室より

X線(放射線の一種)を使う検査ですので、放射線障害を心配される患者様もいらっしゃることでしょう。
検査のために使われるX線は、生涯の起こる恐れがあるような量に比べると桁違いに少なく、まず心配する必要はありません。そして必要最小被爆量で済むように、また撮り直しをする事がないよう、いつも心がけて撮影していますのでご安心下さい。

検査室より

患者様の血液データを早く正確に提供させて頂く為、各部署との連携をはかるとともに、検査機器の精度管理に心がけております。